グレーヘアーに憧れるも、まだその時ではないと思うアラフィフのわたし

夕べ、テレビを見ていたら近藤サトアナウンサーが出演していてグレーヘアーが気になりました。

最近話題のグレーヘアーでしたね。

正直に言えば、やはり老けて見える!と感じました。

でも、そう思ったのは最初だけで、番組の終盤には特に気にならなくなりました。

近藤アナの若いころを知っている故の違和感だったのかもしれません。

要は慣れの問題なのなのかしら?と思いました。

50代後半くらいからは、染めるの止めようかな~と担当の美容師さんに話すようになったのは2年ほど前くらいだったと思います。

30代から白髪染をしてきたわたしも、いつかは染めない方向で考えています。

白髪を染める

それには、時間もお金もかかります。しかも、結構疲れるのですよね。

毎月、白髪染めにかかるお金と時間が勿体ないとも思ってきました。

だけど、今すぐにというわけにもいきません。

きれいなグレーヘアーになるには1年以上はかかるだろうし、これから再就職をしようと考えているわたしはまだその時ではないと思っています。

あと、近藤アナを見てもう一つ気になりました。それは皺です。自然のままでしたね。

白髪も皺も、敢えて隠そうとしていない。あるがままの姿で生きている。そんな感じにも受け取りました。

そしてそれは、わたしが目指している生き方でもあります。

でも、わたしはまだその時ではないのです。そうするまでの自信がありません。今は、自分の生き方に自信を持てないでいます。

いろいろなものをそぎ落とし、いろんな意味で身軽になった時がわたしのその時になるんだろうな。

そうなれるように、日々を過ごしていこうと改めて思ったのでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。