ズボラなわたしとって、牛乳パックは無くてはならないもの!

寒い毎日ですが

風邪などひいていませんか?

体調がよくても、寒くなるとついつい家事が億劫になりがちなわたしです。

それでも、毎日の食事の支度をしなければなりません。

わたしはズボラ故、少しでも楽をしたい派です。前は、丁寧にゆっくりきれいに家事をする!なんて理想もあったけれど、今はゆる~く好き勝手に家事をすることに変更しました。

食事の支度で嫌なことは洗い物です。

特に、まな板を何度も何度も洗うのが嫌!

野菜類を切る→洗う→肉・魚を切る→洗う→なかなか汚れ(油)が取れない

こんな感じでストレスを感じていました。

それが、まな板を使うのは野菜類だけに限定しました。

では、肉や魚を切る時はどうしているの?とお思いですよね。

答えはジャーーーン

牛乳パックです!

主に、肉を切る時に使用しています。

魚をさばくときは、シンクに新聞紙を敷いています。

その他には、出来上がった肉料理を切るときにも使います。その場合は、キッチンペーパーを敷いています。

牛乳パックって本当に便利で、使用後はポイッと捨てています。

これで、ギトギトになったまな板を洗わなくよくなりました。

油の付いたまな板ってなかなかきれいになりませんよね。

でも、牛乳パックを使うようになってからはストレスなし!です。

あとは、キッチンばさみも上手に利用するとさらに便利

魚を切るだけとか、少量の肉を切るだけならはさみの方が使い勝手いいです。

牛乳パックを数枚用意をしておくだけで

わたしの、家事のストレスが減ったのは間違いありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。