日本の働き方のここがイヤ!

おはようございます。

日曜日の朝です。

毎日、いろいろ考える。

我慢して我慢して働く意味を。

思い返してみると、27年間勤務した奇跡の職場でさえ我慢してきたんだなーーと。

みんな我慢して働いている

日本の働き方に疑問を持つ中のひとつに、お客様第一ということ。過剰なまでのサービス。

そして、日本はプライベートを家族を犠牲にして働いているということ。

有給休暇を取りたいときに理由を届け出したり、休みを取るときの罪悪感や申し訳ない気持ちになること。

その他には、パワハラ・モラハラ・セクハラ・マタハラなども挙げられます。

もちろん、日本に限ったことではないものではありますが・・・

いちばん嫌なのは、自分より会社という雰囲気でしょうか。

自分の暮らしを充実させるために仕事をしたい私は、飲み会や忘年会などは参加したくありません。

仕事は、自分がやるべきことをして終わったらさっさと退社したいです。

暇だからと、何か仕事探しをしたり罪悪感を持つこともイヤ。そもそも、それは人材が余剰であることを意味している。現在勤務している職場がそうなんです。私、居る意味ありますか?って思ってしまいます。暇ってツラいですよ、本当に!

笑って気持ちよく仕事をしたい

気持ち良く働いていると、笑顔って自然に出るものです。

接客業・サービス業・会社でも働いている人の表情が、ブラックかどうかの見極めるひとつかもしれません。

私は、同じ職種で2ヶ所の会社でアルバイトとパートをしたことがあります。

ひとつの会社では、社員が常に疲れていていつもイライラしていた。時に、恫喝もありでした。それも、短期のアルバイト(大学生)に対してですよ。仕事内容も、アルバイトにここまでさせる?と思うほどの人手不足。

もう一つの会社では、余裕を持って仕事をしているように感じました。職員同士での雑談も良い感じでしていました。そして何より、疲れた表情の職員がいなかったように感じました。ここは、中休みがありませんでした。

同じ職種で、ここまで違うのかと驚いたほどです。

働き方・・・

これからも、考えていこうと思うテーマのひとつです。

さあ、日曜日!

これから、出かけて来ます。

今日もドライブです!

では、行ってきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。