「義母と娘ブルース」を見て、私が理想とする仕事とは・・・を考えてみた

「義母と娘のブルース」を見ています。綾瀬はるか演じる、仕事ができる主人公・・・私と真逆です。

いいな~と思うけど、私には出来ないこと。

そこで、私にとっての理想の仕事とは何か考えてみました。

まず、過去を振り返ってみることから始めました。

学生のころ、周りのみんなが次々と就職を決めていきました。

ところが、私には就きたい仕事が無かったのです。

と、いうより私が思い描くような仕事はなかったのです。

なぜなら、私が思い描く仕事とは、人と接しないことだったからです。

でも、そんな仕事はありません。

今のようなフリーランスなんて、その時代には無かったのです。

では、どんな仕事をしたいのか?

それは、ただ黙々と仕上げる仕事です。

人と接しないで黙々とする仕事・・・

才能がある人なら小説家でしょうか・・・漫画家でしょうか・・・

今なら、ブロガーや個人事業主となって、好きなことを仕事にしている方がたくさんいらっしゃいます。

何も、会社に行くことだけが仕事をすることではないのですよね。

私も、よく考えるといつだって黙々とする仕事を探していました。しかし、思い描く仕事に就くためのスキルがない私。

だから、会社勤めになってしまうのです。もちろん、生活をしていくためにそうなってしまうのはしかたありません。

ハローワークに行くと求人はたくさんあります。でも、その中に私のしたい仕事を見つけることができません。

自分に合わない仕事を、30年近くしてきたのです。会社勤めを!人と接する仕事を!

27年間勤務した奇跡の職場は、同僚の優しさでどうにか続けて来られました。その後勤務した会社は、このブログに書いてある通りいずれも短期間で辞めています。

同じ時間に通勤、自由にならない一日がどうにも苦痛で仕方がないのです。

「私もそう思うわ」「この人、何言ってるの」「みんな我慢しながら続けているわ」など、いろんな思いがあることでしょう。

それが当たり前です。みんな違うのですから。

こんな私ですが、短期間で辞めた職場でも友達が出来ます。今でも、ランチをしに行きます。

人が嫌いなわけではないのです。ただ、仕事として人と接することが苦手なのです。

だから、自分に向いている仕事に就くために日々頑張っています。私なりに。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。