私は会社員に向かない人 その6 自分の人生は自分が決める!

毎朝、会社に出勤する!

それは私にとって、一生懸命がんばっていることなんです。

たぶん、毎日のルーティンとして出勤している人もいるでしょう。でも、私のように仕事に毎日行くことをがんばらないと続けられないひともいるのだ。

みんな違って当たり前

一日24時間、誰もが平等に与えられた、またはもっている時間ですね。そのうちの10時間から13時間、いえそれ以上の時間を会社で過ごしていることになります。

私は、その時間を拘束されていると感じるのです。そして、苦痛に思うのです。逃げ出してしまいたくもなります。

これは、転職を繰り返してきた4年間が特に強く感じるのです。

では、27年間勤務していた職場(奇跡の職場)ではどうだったのか?と言えば、今ほどではないけれどやはり苦痛に感じていたのだと思います。でも、気心の知れた仲間がいたので乗り切れていたのでしょう。ありがたいことです。

それでも、今ほど日曜の夕方から憂鬱になるほどではありませんでした。それに、通勤時間がこれほど憂鬱になることもなかったのです。

自分の人生は自分が決める!

会社で、仕事をするのが当たり前という世の中。

でも、会社だけが仕事をする場所では無いし、家で仕事をしてお金を稼ぐことだって可能な世の中だって気付いたのは最近のことです。

会社で仕事をするのが向いているひともいれば、私のように向かない人もいるのです。

みんな違うのです。みんな違ってていいのです。みんな違っていることが当たり前なのです。

今の職場を最後に、私は好きなことを仕事とし50代は笑って過ごすことにします。

私ががんばるべきは通勤ではなく、自分の人生を実りある人生になるようにするためにがんばるのだ!

人生の目指すものはみんな違う。

それぞれの人生をより良いものとするため、それぞれの生き方がある。

私の人生は、私が決める!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。