夫と私の家事分担、一ケ月が過ぎたよ!その後どうなった?

夫と家事分担をしてから一ケ月が過ぎました。

その後を報告します。

家事分担をして良かった

5月中旬から家事分担をしています。

毎日の食器洗いと、ゴミの分別とゴミ出しが夫がする家事。

そのほかの家事は私がしています。

仕事から帰ると、まず自分のお弁当箱を洗います。それから、夕食の支度を始めます。

夕食を食べたあとは、少しテレビを見てお風呂に入ります。そのあとは好きに過ごしています。

次の日の、お弁当のおかずの準備もします。

それでも、ゆっくりと過ごせているので、家事分担をして本当に良かったと思っています。

こんな時間が持てるなんて思ってもみなかったことです。

生活の仕方はどんどん変化させるべき

結婚をして子供が生まれ、忙しい毎日を過ごしてきました。なんで、自分だけこんなに忙しいんだろう。なぜ、夫は平然とテレビを見ていられるのだろう。私だって、やりたいことがあるんだよ!ゆっくり見たいテレビもある!どうして、夫は家事を何もしないのか?

と、考えると腹が立ってきます。夫のことも嫌いになってきます。

つい、先日も3日間休みだったのですが、一日くらい草取りしてくれないかなと思っていました。結果は、ただ体を休めただけのようでした。でも、草取りの期待をしていただけにがっかりしたのは事実。

やはり、言わなきゃやらないのです。なので、週末草取りをするように言いました。

そうしたら、草取りをし除草剤までまいたというではありませんか。

これまで私は、夫に何かをお願いしたりしてきませんでした。そのためか、心の中はいつだって夫に対する不満でいっぱいでした。

どうして、草がボーボー生えているのに平気でいられるのだろう?休みが多いのだからやればいいのに!私の休日なんて週一で、草取りと買い物と食事の準備で終わってしまうのに!と、いつもイライラしていました。

20年以上一緒に生活をしてきても、言わなきゃわからないのです。私も、夫のことが解らないのと同様に、夫も私が思っていることが解らないのです。だから、言葉で伝えていかないと分かり合えないと50代になって分かったことです。

これから、お互いに年を重ねていきます。それでも、心豊かに穏やかに過ごしていきたいですもんね。そのためには、どんどん生活のスタイルを変えていけばいいんですよね。ふたりで話し合い、心地いい生活をするために必要なことなのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。