私は会社員に向かない人 その4

今日も仕事でした。

一緒に事務職をしている3人で少し雑談。

ひとりは、まだ20代半ばの若い女子 A子さん

もうひとりは、パートで30代の女子 B子さん

そして私、50代のおばさん

ここ3年間の転職した職場ではいちばん穏やかな人間関係です。

何気なくB子さんに

「B子さんは、お仕事が好きなの?」と聞いていた私です。いつも仕事を丁寧にこなしているし、初心者の私にも優しく解りやすく教えてくれる。そして、なによりもパートで土曜日が休みにもかかわらず、私がまだ不慣れのため出勤しているのです。

「土曜日に仕事に来るのも別に悪くないわ」みたいなことを言ったので

私は

「B子さんは、お仕事が好きなの?」と聞いてしまったのです。

すると、「そんなことないわ。家に居られるんだったら家に居たい人よ」とB子さん。

今度は、それを聞いたA子さんが

「私は、ニートになりたい」と言ったから、3人で大笑いをしてしましました。

そうか、みんな私のように家に居たい人たちなんだ。なんだ、みんな同じじゃないの(笑)

そう言いながら、会社にいるときは仕事をこなしています。私だってそうです。嫌だと言いながらそれなりに仕事をしています。みんながそうだと思います。

それでも私は、好きなことを仕事にして生きていきたいのです。

  1. 通勤が本当に憂鬱
  2. 黙々と仕上げる仕事が好き
  3. 怒られることに耐えられない
  4. 会社にいる時間が苦痛
  5. 夢がある
  6. 好きなことを仕事にしたい

今日はこの中の

4.会社にいる時間が苦痛

ふとした瞬間に、家に帰りたい・・・と思ってしまう私。

でも、A子さんは

「あぁ、帰りたい」と声に出して言うのです。淡々と、仕事をしているA子さんが!と思ってしまうのですが、結局みんな同じなんだね。

みんなきちんと仕事をしているけど、実はお金があって生活ができるのであれば家に居たいものなのだ。

私は、明日も仕事。

来週の日曜日まで休みはありません。

代休もありません。

日曜日の仕事、かなり憂鬱ですね。

他人に雇われる生活は終わりにして、自分が楽しく生きる生活にシフトしていく!を実現させます。

結局みんな、生活のために自分の心を偽って仕事をしている。割り切って仕事をしていることが解った。

でも、私はこういう生活から脱出してやるーーー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。