私は会社員に向かない人 その2

最近、社畜という言葉をブログで見ます。

この社畜ってなんぞや・・・って初めはそう思いました。

社畜(しゃちく)

会社の言いなりになって、ツラい仕事でも文句も愚痴も言わないでまじめに働いている会社員のことを揶揄したものらしい。

そう、今の私も社畜と言えるでしょう。

朝の通勤風景を見る

通勤中、信号待ちをしている時に車の中から見えたものは、生気がなく会社に向かっているであろう人々。

前を向き颯爽と歩いている人より、伏し目がちに重い足取りで歩いている人の方が多い。

そう感じるのは私の偏見でしょうか・・・

この中に、私と同じように感じている人はどのくらいいるんだろうな・・・とついつい観察してしまうこの頃です。

こうして、会社に行きたくないと思っている私が始めたのが人間観察です。

この、人間観察はこれからの私に役に立つでしょう。

前回、挙げた私が会社員に向かない訳の項目です。

  1. 通勤が本当に憂鬱
  2. 黙々と仕上げる仕事が好き
  3. 怒られることに耐えられない
  4. 会社にいる時間が苦痛
  5. 夢がある
  6. 好きなことを仕事にしたい

今日は、この中の一番目について書いていきます。

1.通勤が本当に憂鬱

通勤が嫌になったのはいつからなんだろう?

独身の頃からかもしれないし、結婚して子供が生まれてからなのかな?きっとだいぶ前からなんだろな。

ここ4年間、無職で家に居たときがいちばん天国だと思いました。産休育休を除けば、しごとをしないで家にいることが出来たのは初めてことでした。

何がいちばんうれしかって、子供たちと一緒の時間を過ごせることでした。ゆっくり、お菓子を作ったり、パンを焼いたり、自分で好きなように一日を過ごせる幸せ、本当に天国にいるようでした。

今は、会社員なのでこんな自由な生活は無理ですが、一日を自由に使えるよう実現に向けて動き始めています。

会社員が向かないのであれば、辞めてしまえ!!

社畜は卒業してやる!

自分が納得する生き方をする!

ということで

このブログにも、変化がある度に報告していきます。

明日もイヤイヤ会社に行くけどね。

人間観察をしながら。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。