私は会社員に向かない人

好きなことをして生きる

ここ4~5年ずーっと考えていることです。一部、実行に移していますがまだまだな状態です。

会社員は辞めて、好きなことを仕事にして心穏やかに過ごしたい!

なぜなら、私は会社員に向いていないから。

このブログにも何度も書いていますが、ここ4年の間にアルバイト・パートも含め4度の職場に勤務しました。短いところでは1ヶ月、長くて8ヶ月間だけの勤務です。だから、ほとんど家にいた・・・と言った方が良いのかもしれません。

長く会社員をしていたのも事実

4年前まではどうしていたの?と思うでしょ?

意外や意外、ちゃんと仕事をしていました。27年間同じ会社に勤務していたんです。

私が27年間勤務した奇跡の職場の思い出

その会社が、急に閉鎖したため無職になりました。

それから始まった、私の就活は山あり谷ありでした。

27年間、人間関係が良好でとても恵まれていたため、長い間それが当たり前と思っていました。

私は、会社員に向かない人

短い期間に転職を繰り返し、辞めた理由も全て同じことだということに気がついたのです。

生活のために仕事をしなければと思い就職をします。

しかし、これらのことから仕事を辞めてしまうのです。

  1. 通勤が本当に憂鬱
  2. 黙々と仕上げる仕事が好き
  3. 怒られることに耐えられない
  4. 会社にいる時間が苦痛
  5. 夢がある
  6. 好きなことを仕事にしたい

これだけ挙げると、なんてわがままなひとなんだ!と、お怒りの声が聞こえてきそう・・・

でも、27年間同じ会社に勤めてきた私は、初めは仕事を辞めるなんて考えられませんでした。多少の我慢はしなければとも思っていたのも事実。

それが、再就職したひとつめの会社を2ケ月で辞めてしまうのでした。理由は、前職と同じ職種であったにもかかわらず、家族経営の会社で仕事がし辛く退職に至りました。

意見や提案がすべて経営者に筒抜けでほとんどの意見が却下され、更に出入りの業者さんへの恫喝があったりで、ここでは頑張れないと思い退職。その1年間に5人が辞めてしまうのでした。

恫喝をする経営者、そんな人を見たの初めてのことで、結構衝撃的な出来事でした。

そしてまた、就活の始まりでした。

つづく・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。