名もなき家事の解決法は、家事は家族みんなでする!が基本

名もなき家事のこと

いつもはあまり気にならずにやっていることなんだけれど

疲れているのか、急になんでこれ自分ばかりやっているの?

と、疑問になっている日々

スポンサーリンク

名もなき家事、我が家の場合

名もなき家事とは、洗濯・掃除・料理といった名前のつかない家事のことなのだ。

例えば、一部として紹介すると

  • 空になったティッシュペーパーを箱とビニールに分ける
  • 空になった牛乳パックを洗う
  • 飲み終えたジュースやコーヒーのカンを洗う
  • 読み終えた新聞の片付け
  • シャンプーリンスの詰め替え
  • 石鹸の補充

など、他にもいろいろあります。

そして、我が家の場合

空になったティッシュペーパーの箱

紙とその他のプラに分別

この仕事をするのは私。更に言えば、上記の仕事もほぼ私がやっている。

たったこれだけのこと

だが、これだけのことを家族の誰もやらない。

やらなくてもいい状態にしてきた私の責任でもあるのだが。。。

細々とした家事を、しなくてもいいように許してきてしまったと反省するばかりです。

これからの家事は家族参加型

解決法としては、空になった時点で、空にした本人が分別なり補充なりすればいいだけのこと。

上記の仕事でいえば、ティッシュペーパーを最後の1枚を使った人が補充と片づけをすればいいのだ。

飲み終えた本人がカンや瓶を洗えばいいのだし、シャンプーリンスがなくなった時点で詰め替えをすればいいだけのこと。難しいことは何もない。

こうして書いていると、この名もなき家事をするのは当たり前のことであると気付く。

ところが、この当たり前のことが出来ない大人が多いということが問題。

我が家も、夫も子供たちも名もなき家事をやらないことが多い。

きっと、やらなくてもお母さんがやってくれる。いや、お母さんがやる仕事だと思っているのかもしれない。

家のことは、家族みんなで協力して暮らす、ちょっと遅いけれど、家族参加型にシフトしていかなければと思っています。

結婚して、家族が増えてその都度暮らし方を見直ししていれば、お母さんだけが忙しいという状態にはならなかったのですよね(笑)

自分が出したごみは自分で片付ける。

自分のことは自分でする。当たり前のことなんですから。

家事は、みんなで協力してやることが当たり前になればいい。日本も!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。