作り置きと買い物の仕方の進化について

作り置きをしていくうちに気付いたこと

日曜日に作った作り置きです。

  • ごぼうとニンジンとレンコンのきんぴら
  • 長いもをすりおろしたもの
  • 豚チャーシュー
  • ツナ缶で作ったふりかけ

買い物に行かなかったのでこんな感じです。でもこれだけあれば、お弁当作りも余裕です。朝にやることは、卵焼きを作り、ウインナーを焼き、ブロッコリーはチンするだけです。作り置きのおかずがたくさんあれば、朝は詰めるだけのときもあります。今は、全てのおかずを一から作るということはしません。

レパートリーを増やすために

レパートリーを増やしたい。どうしても似たようなものを毎回作っている感じがあります。

私が作るものは、煮物・ポテトサラダ・炒め物などが多いです。そして、たくさんのブログを参考にしたりしています。レパートリーを増やしたくて本を買ったりするけれど、どうしてもメニューに偏りが出てきます。そんなときに頼りにしているのが、「キューピー3分クッキング」と「NHKきょうの料理」です。繰り返し作っているものもあります。作り置きだけでなく、夕食のメニューに迷ったら参考にしています。結構、おススメです。

作り置きと冷蔵庫の中と食材

作り置きをしていると、冷蔵庫の中の整理が出来るということに気付きます。買ってきた食材を使い切ることで、冷蔵庫の中をきれいに保てるのです。買ってきた食材を、そのまま冷蔵庫に入れておくと、『あら!ここにあったのね』とか『使えなくなっている』というようなことになっていた私。特売で買ったはずの食材を、使えなくしてしまい捨ててしまうこともありました。これでは、特売で買った意味がありません。もったいないことを繰り返していました。反省しなければいけません。

自分の納得できる方法をみつける

今の買い物の仕方は、一週間分の食材を2回くらいに分けて買っています。買い物の回数を多くすると、私の場合どうしても無駄遣いになってしまからです。キャベツや白菜も半分や四分の一のものを買うことが多いです。献立は決めません。買った食材を見てメニューを決めています。以前、献立を決めてから買い物をしていたこともありました。その場合、献立通りの食材を買うと割高になることが多く、直ぐに止めてしまいました。

自分に合った買い物の仕方は、試行錯誤して探していくものなんです。私も、節約のためにたくさんのブログを参考にしました。そのどれも続いた方法はありませんでした。つまり、いろいろな方法を参考にし、たくさんの失敗をしながら、自分だけの買い物の仕方をみつけるしかないのだと思っています。

そして、これからもどんどん変化して、進化していくものだと思っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。