穏やかな生活をおくるために断捨離をする

昨日、エプロンを断捨離しました。まだ着られるけど断捨離した。手放そうと思ってから二日後でした。ポリエステル素材だったので、キッチンで着るのは危険かなと思ってのこと。

何度となく繰り返してきた断捨離。それでも何かしら捨てる物が出てきます。この断捨離に終わりは無いと思っています。

物があふれていたときは、それらを収納するチェストやカラーボックスなどを買い足していました。整理したつもりになっていたのでしょう。そのときは、スッキリした気持ちがして満足していたのです。

40代半ば過ぎから、家の中がごちゃごちゃ感がありどうにもスッキリしません。子供の成長と共に増えたものもあります。家族総出で断捨離したらどんなにスッキリすることか・・・と何度も思いました。

・・・が、断捨離を進めているのは私だけなので、一度にスッキリさせることは無理です。私が、休みの日にコツコツ断捨離するしかないのです。少しずつ家族に理解を求めつつ家の中をスッキリさせることも目標です。

今の私は、ブランド物を欲しいとは思わないし必要ないと思っています。困らない程度に、服や靴・かばんなどがあればいいと思えるようになりました。

年を重ねて気付いたことは、物質的な幸せよりも穏やかな毎日を過ごすことの方が大切だということ。

お菓子を作ったり、パンを焼いたり、本を読んだり、家庭菜園を楽しんだり、家族と笑顔で食卓を囲んだりと、そんな何でもない毎日を穏やかに過ごすことが本当の豊かさだと思うのです。

自分の好きなことを仕事にして穏やかに生活をする!

それには、家の中を断捨離をして運気も上げていこう!

では、これから断捨離しま~す。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。