ミニマルな生活を送るために必要なこと

憧れのミニマルな生活はいつできるか・・・

使っていないものを捨てて、私もスッキリした生活がしたい!

でも、なかなか思うようにはいきません

自分の物を捨てるだけではきれいにならない

2年まえに無職になった時にしたことは

  • 着なくなった服を処分
  • 使っていない食器類を処分
  • 雑誌を処分
  • マンガ本を処分
  • 下駄箱の整理(靴を処分)
  • 押し入れの整理
  • 紙袋を処分
  • カバンを処分

これだけのものを処分すれば、かなりスッキリしたとお思いでしょう?

ところが、あまり変わりませんでした

処分したものが家族みんなのものではなく

自分のの物だけだったからです

家族を巻き込むには時間がかかる

家族は、私のように物を捨てません

何年も着ていない服も箪笥の中にあるのです。いったい、いつ捨てるのでしょう?

もう、これはいらないんじゃないかと思うものでも

本人にとっては必要なものなのかもしれません

時々、捨てる?くらいは聞くけれど、捨てるのは本人です

勝手に捨てる事はしません。

・・・が、この先も使わないであろう物は捨ててほしいです

気が付くといろんな物が部屋のあちこちに増えていく

私の場合、まだ読むから・・・と読みかけの雑誌や小説などが、どんどん増えていきます。片付けなきゃ片付けなきゃと思いながらも、本を積んで高くなっていきます。本棚に仕舞えばいいだけのことなのに、今だけここに置いて後で片付けるから・・・が一ケ月以上そのままの状態なのです。

その他にも・・・

郵便物も、後で見るからそこに置いておく。服も、明日も着るからちょっとだけソファに置いておく。かばんも、ここに置いておく。新聞も、お菓子も、ハンドクリームも、そこここに置いておくのです。これでは、片付かないのもあたりまえです。

後で片付ける

これが、いちばん厄介なのです。きれいな部屋をキープするには、断捨離も大事ですが出した物は元の場所にすぐ戻す!これが大事なのです。

きれいに片付けては、散らかっていくの繰り返しではストレスも溜まっていきますね。やはり、家族みんなで気持ち良く暮らすためには、一人一人がすぐ片付けるを習慣化することなんです。

今すぐ、後で片付けるをすぐ片付けるに変えていくことが、きれいをキープできるのです。

さてさて、家族みんなで話し合わなきゃ!ですね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。