私の就活、仕事が決まるまで・・・3

やっと仕事が決まりひとまず安心しました

仕事が決まるまでは
どうしよう、このまま仕事が無ければ・・・と
毎日、仕事の事ばかり考えていました
心配事があると、目が覚める時間が3時過ぎや4時過ぎだったりして
ぐっすり寝た気がしませんでした

私にとって仕事とは
生活のためです
生きがいとか、やりがいとかきれいごとではなく
とにかく、生活していくために必要不可欠なものです

二年前、急に職を失った時は
失業給付金をもらいながら、少しゆっくりしようと思いました
給付金は、たぶん新しく働くよりも多かったんだと思います
おかげで、約一年余りをゆっくり過ごしました

しかし、仕事をしていない自分にとても罪悪感のようなものがわいてくるのです
少しのんびりしようと決めたにも関わらず
買い物に行って、知り合いに会いたくなかったり
仕事をしている人たちを見て、なんとなく引け目を感じたり
どうにも落ち着かない感情を持ちました

「ずっと仕事してきたんだもの、少しゆっくりすれば」と
声をかけてくれる友人・知人たちのおかげで
少し、心が軽くなりました

失業期間にやったこと
最初は、急に出来た自由な時間を
どう過ごしていいのか分からなかった私です
10日間くらいはゴロゴロしていたと思います
そのあとは、こうしていられないと思いなおして
断捨離→片付け→掃除→断捨離の生活の始まり
そして、シンプルライフを目指すことになるのです

この二年の間に
アルバイトをしたり、新しく勤めも見つけましたが
いろいろわけがあって辞めてしまいました

その後の5ケ月間が、『私の就活、仕事が決まるまで・・・』なのです
実際は5月末~7月中旬までの約2ケ月の就活でした
この期間を短いと感じるか長いと感じるかはそれぞれだと思います
ただ私にとってはとても長く、終わりの無いトンネルに入ってしまったと思うほどでした

結論は
失業給付金が出ている期間に、仕事を決めることが一番良かったのだと思います

しかし、後悔しても仕方ありません
ゆっくり休んで、心身が元気になったのも事実です
新しく出会った仕事に感謝をし、楽しく過ごすよう心掛けていきます

就活の話を聞いてくださりありがとうございました
これからまた、収納や掃除や料理など日々の生活の話題に戻りますね

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。